MENU

息子へのご挨拶

国際結婚相談所で婚活をしていた私は、ある日、紹介元から、娜娜さんという女性のプロフィールと、背景を説明されて、テレビチャットを提案されました。

ただ私は、現状、貧乏で、持ち家もなく、前の妻と離婚調停中です。

一方、紹介元からは、娜娜さんは、私が持ち家ではないことや、離婚調停中であることも了解の上で、テレビチャットを希望していること、娜娜さんは大変日本語が上手であることなどを伝えられていました。

娜娜さんが、私のビジネスパートナーとなり得る人であることを期待しながら、私は娜娜さんとのテレビチャットに臨み、今は毎日、チャットで関係を深めています。

目次

子供の代わり

私と娜娜は、最初のテレビチャットの時から、「子供はお互いにいらない」ことでコミットしています。

前妻との結婚当初は、私は子供をとても欲していました。

しかし、私も還暦カウントダウンの年齢になり、娜娜も40を出ていますので、そのような結論になりました。

その代わり、二人でビジネスも頑張って、思い切り豊かになって、仲良く暮らしていこうと夢見ています。

ただ、二人だけの生活の中で、時に寂しさを感じることもあるだろうな…。そう考えた私は、娜娜に提案をしました。

「子供は持たない代わりに、犬か猫を飼おう。」

息子とも、話して

現在の私の旧正月もそろそろ終盤となり、娜娜は、少しずつ日常へ戻るモードに入っていました。

娜娜には、私にもう一人、話をして欲しい人がいました。

娜娜の子供です。

中学2年生にあたる年齢です。

サッカーをやっていて、とても背が高く、176㎝もあるそうです。

私は、お父さん、お母さんの時よりも、娜娜の息子とのテレビチャットの方が、気掛かりでした。

お父さん、お母さんの場合は、それほど歳が変わらないし、どちらも「お互いが良くて結婚したいなら、当事者の気持ちが一番大切だし、尊重する。」という立ち位置です。

しかし、息子は、何より思春期です。

娜娜の息子への気持ちや、息子の母親への気持ちには、もっと複雑なものがあるかもしれません。 自分の母親を、日本へ連れて行ってしまうというように、考えるかもしれません。

悩んでも仕方がない。

娜娜の息子とのテレビチャットの約束の日が近づいていました。

私は、さて、どのように話をするか、少しイメージトレーニングをしました。

それで、結論として、悩んでも仕方がないので、ある程度お気楽に、お父さんやお母さんと同じように、肩の力を抜いてチャットしようと考えました。

却って、肩の力を抜いて話をするようにしよう、と思うようにしました。

同じ人間であり、お母さんを大切にする気持ちを伝えれば、きっと理解してくれるだろう、と考えました。

内気なタイプかな?

娜娜の息子とのテレビチャットが始まりました。

娜娜の息子は、話に聞く通り、かなり大きい子でした。

まず、中国語で挨拶をしました。

それから、娜娜 お母さんと、この間1カ月位交際している旨を伝え、お母さんもその気なので、渡航できるようになったら、結婚して、一緒に日本で暮らすことにしていることを伝えました。

娜娜の息子は、良く話を聞いてくれました。

大人しい、内気なタイプかな?という印象です。

それから、もし、日本語を勉強して、日本に来たい時は、私と娜娜の家に泊まっていいし、日本の大学で勉強したい気持ちがあったら、できる限り援助する気持ちもあることも伝えました。

娜娜の息子も、降って湧いたような話なので、少し戸惑っているようでした。

娜娜の息子は、週末には娜娜の家で過ごすことが良くあるようです。

その後も、旧正月が明けてからも、娜娜も交えて何回かテレビチャットをしました。

娜娜の息子の私への気持ちは、娜娜のご両親とは違うでしょうし、それも無理はないと思います。

打ち解けるには、時間も掛かるでしょう。

ただ、娜娜が私の大事な人であるのですから、娜娜の息子との関係も大事にしていこうと思っています。

まあ、同じ男同士です。

一緒にお酒を飲む日も、それ程遠くはありませんしね。

次回からは、娜娜との進展の様子をお伝えします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる