MENU

お父さんへのご挨拶

国際結婚相談所で婚活をしていた私は、ある日、紹介元から、娜娜さんという女性のプロフィールと、背景を説明されて、テレビチャットを提案されました。

ただ私は、現状、貧乏で、持ち家もなく、前の妻と離婚調停中です。

一方、紹介元からは、娜娜さんは、私が持ち家ではないことや、離婚調停中であることも了解の上で、テレビチャットを希望していること、娜娜さんは大変日本語が上手であることなどを伝えられていました。

娜娜さんが、私のビジネスパートナーとなり得る人であることを期待しながら、私は娜娜さんとのテレビチャットに臨み、今は毎日、チャットで関係を深めています。

目次

お母さんとのビデオチャット

娜娜のお父さんとのチャットを終えて、私はかなり気持ちが楽になり、かつ、娜娜とよりしたしくなれた気がしていました。

当然のごとく、娜娜からは、「今度はお母さんともテレビチャットをしてほしい。」とリクエストがありました。

私も、いきなり中国でご両親に挨拶をするより、その前に私のことを知っておいてもらう方が、色々とスムーズに進むと考えました。 私は、娜娜のリクエストを快く受け容れました。

お父さんとチャットし、なおかつお父さんには受け容れてもらったので、今度も上手くいくだろうとは思っていました。

ただ、やっぱり、チャットの日が迫ってくると緊張します。

落ち着いて、お父さんとのチャットでの話を思い出して、同じ流れで話せば、きっとうまくいくはずだと気持ちを落ち着かせました。

お父さんの時のように、娜娜への率直な気持ちを訴えれば、絶対に大丈夫な筈だ。 却って、肩の力を抜いて話をするようにしよう、と思うようにしました。

受け容れて貰えた

娜娜のお母さんとのテレビチャットの時間になりました。

お母さんも60半ば位ということで、年金生活に入っているということです。

お母さんは、大人しく控えめな人という印象です。

取り敢えず、お母さんの健康状態や、横浜の気候の話をして、少しずつ打ち解けていくように話しました。

それから、娜娜と日本でビジネスをして、一緒に頑張っていきたいという話をしました。

結論 お父さんと同じように、お母さんも私を受け容れてくれました。

お父さんと同様に、二人で将来を誓い合うなら、それで良いと言ってくれました。

後で、娜娜と一緒に、ご両親から受け容れてもらえたことを喜び合いました。

一緒に、ハードルを越えた気持でした。

ところが、まだ続きがあります。

娜娜には、もう一つ希望がありました。

それは、娜娜の子供 日本で言えば中学2年生になる男の子とも仲良くなって、私と日本で生活することを理解してほしい、ということです。

私は少しとまどいつつも、「いや、確かに、今までと違ってそうそう会えなくなるから、子供にも理解してもらうことは必要だな。」と娜娜の気持ちを理解しました。

次回は、娜娜の息子とのチャットの様子をお伝えします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる